記事一覧

年代別スキンケアの基本も保湿とUVカット!【50代】

肌はこれまで十分に外的な刺激と闘い、細胞なりに老化から逃れようと頑張ってきました。シワやシミはその証です。それを消すというよりも、これ以上増やさないために、オイルやクリームでしっかりと保湿をしてください。お休みの日にご自宅でゆっくりできる時間があるならば、そのときはお化粧もお休みにして、たっぷりとオイルやクリームを塗って保湿をしながら肌を休ませてあげましょう。化粧品も外的な刺激になりますので、お肌の細胞にはダメージを与えます。身体と心を休めるときには、お肌を休めることもお忘れなく。外出時の紫外線対策も重要です。

強い紫外線は避けてUVカットの化粧品や日よけなどを積極的に行っていただきたいと思います。この頃になると、少しの時間、強い紫外線を浴びただけでもシミやシワは生じやすくなるので注意してください。シミの中でも、老化と紫外線に関わる老人性色素斑が増えやすくなる時期です。放置するとシミは黒くなり、イボのように増えてきますので、医療機関で早めに治療を受けるとシワやたるみについても、ご自身で顔面マッサージをしてもなかなか消えるものではありません。

「もっと高価な美容液を購入してなんとかしなければ」と思う前に、内側から肌の健康を保つために、生活習慣の見直しを行ってください。バランスのとれた食事で体重コントロールをしつつ、十分な睡眠とストレス発散を心掛けていただきたいと思います。50代になると、更年期障害にも悩まされる女性も多くなってきます。女性ホルモンのバランスが崩れると、肌の細胞の老化も加速します。更年期障害の症状は我慢せずに、婦人科を受診して改善することが美肌にも役立ちます。いずれにしても、50代以降の美肌は、紫外線防止と保湿、そして、全身の健康によって維持されると考えてください。お顔だけに注視せず、全身の若さを保つ生活習慣の見直しを大切にしていただきたいと思います。

特別な化粧品や食べ物は必要ありません。健康的な日常こそが最も重要であることを改めて申し上げておきます。さあ、みなさん、今日からお肌の健康に役立つことを始めてみてください。高価な美容液は必要ありません。その代金は食事に回して、バランスのとれた美味しい料理に舌鼓を打つ方が、ご家族やご友人とも楽しめます。そして、年代別の保湿の仕方、さらには、紫外線防止、生活習慣の見直しなどに取り組んでいただきたい。老化は誰にでも訪れるものですが、「素敵に年をとる」チャンスも、誰にでもあるのです。ちょっとしたシワやシミも気にならない。健康的な身体と気持ちで、美しいお肌を手に入れて、素敵な人生を歩んでいただきたいと思います。

年代別スキンケアの基本も保湿とUVカット!【40代】

美肌を維持するための「勝負」年代に突入しました。素肌の状態はいかがですか? 肌の細胞組織が、紫外線などの外的な刺激と老化で破壊され始める時期です。カサカサしているようならば、すぐにオイルやクリームで保湿をしてあげてください。シミやシワが生じやすくなりますので、しつかり保湿をして、強い紫外線は避けましょう。真夏のお出掛けでは、帽子や日傘、長袖シャツの着用を忘れずに。お顔だけでなく手の甲など、肌が露出する部分にも、長時間の外出時にはUVカットの化粧品で保護してあげてください。美肌の実現は、お顔だけではありません。

この頃から背中や腕、脚などにもシミは生じやすくなります。全身の肌の細胞を守るために、強い紫外線は避けるようにしてください。すでにシミができてしまった方は、どんなシミかをチェックした上で、脂漏性角化症や肝斑などのように、医療機関の治療で改善できるものには適切な対処をしていただきたいと思います。老人性色素斑の方は、それ以上シミが生じないように、肌の細胞を守ることを考えてください。たくさんの化粧品を使って「シミを消す」ではなく、肌の細胞の健康を維持して「シミを増やさない」ことに重点を置きましょう。

シワについても同様です。紫外線防止と十分な保湿。それに加えてバランスの良い食事や睡眠などの生活習慣の見直しも行うことが重要になります。家庭や仕事で悩みの多い時期でストレスがたまっている方もいると思います。過度なストレスは肌の細胞の老化を加速させます。それを防ぐためにも、大好きなテレビドラマや映画、ゲームなど、日常生活の中でちょっとした楽しみを見つけ、ストレスの発散に努めていただきたいと思います。40代の後半になると、更年期で生理不順になる方もいます。女性ホルモンのバランスが崩れると、肌の細胞組織は破壊されやすくなるので、体調不良は放置せずに婦人科の先生に相談してみてください。

ソフトタッチのマッサージが肌細胞を守る

「いた気持ちいい」マッサージが好きな人もいますが、私はおすすめしません。ちょっと痛みを感じたときの気持ち良さは本当の気持ち長さではないので、開放感や脱力感がなく、筋肉の緊張が取れない感じがします。マッサージは、「これで効いているのか」というくらいのソフトなタッチが私はおすすめです。特に年齢を重ねた肌は、肌自身の厚みも若い頃に比べて、薄くなるので、クッションとしての肌の役割が低下します。ストレスや慢性疲労に悩む現代人に不足しているのは、真心のこもった入念でやさしい肌の触れ合いだと思います。理想的なマッサージは、恋人同士のやさしい触れ合いや、赤ちやんとお母さんの肌の触れ合い、ベビーマッサージのようなやさしい感触です。

マッサージや指圧の後に「もみ返し」を経験したことがある人は多いはずです。もみ返しは、過剰なカで肌を押し、圧力をかけたことで、肌の組織が傷つき、炎症を起こしている状態です。私は以前「カッサ」という石を使うマッサージを受けたことがあり、この施術中ずっと、背中を石でギューギューと摩擦されて、ものすごく痛みを感じました。「痛いからやめてほしい」とお願いすると、「痛いのが当たり前。痛いところは血行が悪く有害物質がたまっているので、特に念入りに石でこすって血行を良くします」と言われ30分程度の施術を我慢して受けました。

その結果、背中に10カ所ほどの内出血のあざができ、1ヵ月程度傷跡がくっきりと残りました。背中だったのが不幸中の幸いですが、もし顔だったらと思うとぞっとします。でも我慢強くまじめな日本人は、ソフトでやさしい心地良いマッサージやエステサロンの施術よりも、少し痛みを伴って、それを我慢したほうが、肌を鍛えられるしキレイになれそう、と思いがちです。実際にエステティシャンやマッサージ師に聞くと、強い指圧やマッサージを好む人が多く、柔らかいマッサージでは満足できない、気持ち良くないと、苦情を言う人が多いと聞きます。

でもマッサージは修行ではないので、痛みを我慢しても何のご利益も、美容にプラスのメリットもありません。痛みは筋肉を緊張させ、交感神経を活発に働かせてしまうので、副交感神経が活発に働いているリラックス状態とは逆の状況に体が陥ってしまいます。交感神経の働きが活発になると血管が縮んで、血行が悪くなります。呼吸も浅くなって息苦しさを感じます。骨が弱い人にとっては、骨折や骨を傷つけるリスクもあります。皮膚の細胞も傷つけますし、皮膚の中にある毛細血管や神経などもダメージを受けます。そんな痛みを我慢するマッサージよりも、恋人にやさしく抱きしめられるようなマッサージの方が、肌も喜び、実は肌を美しくする美肌成分も分泌されることを知っている人は少ないようです。

乾燥肌の原因は洗顔のし過ぎにある

肌の乾燥が気になる人の中には、洗顔、ピーリング、クレンジング、毛穴シートなどの使い過ぎが原因になっていることもあります。肌の表面にある表皮の角質層は、大切な肌のバリア機能となっていて、有害物質や紫外線、ストレスが肌の中に入り込まないように肌を守っています。表皮の上には毛穴から分泌された皮脂と汗という水分と油分が混ざり合った天然の膜が肌の乾燥を守ってくれているのです。洗顔、ピーリング、クレンジング、毛穴シートなどの使い過ぎは、この大切な天然のバリア機能を根こそぎはぎ落してしまい、肌を無防備な状態にしてしまい、細菌感染やストレスを受けやすい肌にしてしまうのです。

これを長年続けていると、肌の表面にある角層は常に未成熟な細胞の状態なので、当然、肌のバリア機能も未熟です。そのため乾燥に弱い肌になって、慢性的にトラブルを抱えてしまいます。このような状態に大切な肌が陥ってしまわないように洗顔のし過ぎは禁物です。肌の性質は十人十色です。人が長いと進める美容法やマッサージ法、スキンケア製品でも、自分の肌に合わないことがあります。まずは自分の肌の特徴を知り、自分に合ったものを選びましょう。さらに年齢を重ねるごとに、肌質も変化します。20代でオイリー肌だったために、皮脂のテカリが気になって油取り紙をいっぱい使っていた人でも、年齢を重ねたり、ストレスが強くなったり、食生活、運動量、ホルモンバランスが変化することで、皮脂の分泌が低下して、乾燥肌になってしまうケースもあります。

自分はオイリー肌だとか、乾燥肌だとかという固定観念は捨てて、常に自分の肌に触り、鏡で見て、肌のコンディションをチェックしましょう。そして、今の自分の肌には何が必要なのかを考えながらスキンケアを行うことです。自分の肌質をチェックする絶好のタイミングは洗顔5分後です。洗顔して5分後の肌を自分の手で触って、前後左右に手のひらをゆっくり動かしてみてください。そのとき手が吸いつくような感じであれば普通肌で、ざらざらしたり、紙を触ったときのように乾いた摩擦音がすれば、かなり深刻な乾燥肌、するりとスムーズに動く場合はやや乾燥している肌、ぺとっとしている場合はオイリー肌だとわかります。

間違ったスキンケアが肌を老化させてしまう

優れた美肌を再生する効果を持つヒト幹細胞コスメですが、使い方を間違ってしまったら、うまく細胞を活性化して、美肌をつくることができません。化粧水を肌につけるとき、パンパンと肌を叩いたり、強くこすったりしていないでしょうか。コットンに化粧水をしみこませて軽くトントンとパッティングするのであれば大丈夫なのですが、コットンを使う手間を省いて、自分の手の平に化粧水を含ませて、パンパンと音を立ててパッティングする姿をスポーツクラブやエステサロンのパウダールームでよく見かけます。

こうすると顔が赤くなって血色がよくなるから、と勘違いしている人も多いようですが、頬を強くたたくと、毛細血管が切れて内出血を起こしたり、炎症を起こしてしまい、それが傷あとのようにシミになってしまうこともあります。「目の下にシミが目立ってきたので、肝斑かもしれません」と美容皮膚科を受診する人の中には、スキンケアのときに肌をこすり過ぎたり、強い圧をかけすぎてしまうことで肌ダメージを起こしている場合があります。特に頬骨の出っ張り部分の肌や目のまわりの薄い肌は、刺激に弱いため、強すぎるスキンケアによってできたあざがシミやそばかすのように目立ってくる場所です。

化粧水は必ずコットンに含ませて、コットンを肌の上にやさしく乗せて、手の平で抑えるようにしながら、肌全体をシップするように保湿する。美容液タイプのものは、顔を両手で覆うようにして手の平でやさしくゆっくりとおさえる「ハンドプレス」という方法でケアするとよいでしょう。使っている化粧品メーカーが推奨している方法を取り入れるようにしましょう。一生懸命に美肌を育てようという気持ちでついカが入りがちになり、ゴシゴシこすったり、パンパン叩いたり、ググッと押したりしがちですが、肌は強い刺激が大の苦手です。肌は意外と繊細だということを覚えておいてください。

ページ移動